自動車NOx・PM法が出た時に結構問題になっていたのがディーゼル車の存在です。この自動車があったからこそ自動車NOx・PM法が出たと入っても良いでしょう。

 
昔のディーゼル車は、かなり酷かったです。そして自動車NOx・PM法になる原因となっていましたね。その理由として排気ガス関係がかなり酷いことになっています。まず、ディーゼル車の排気ガスはかなり黒くなっていました。それ故に、ディーゼル車が通る道には黒い排気ガスが付いていることが多く、道路を著しく汚くしてしまったのです。

 

しかも、その排気ガスの中には粒子物質が沢山あり、それが環境問題と健康問題を引き起こすことが判明しました。だから、必然的に自動車NOx・PM法が出来てディーゼル車は肩身の狭い状態になったのです。と言っても、あくまでもディーゼル車が比較的酷かっただけで、他の自動車に問題がなかったと言うわけではありません。特に、古い自動車となるとディーゼルほどではありませんが、結構環境に良くない状態になっていたことは事実でしょう。だから、完全にディーゼル車が悪いわけではありません。

 
このように自動車NOx・PM法になる原因にディーゼル車が存在していたのです。しかし、現在ではそれらの原因を何とか克服して良いディーゼルが沢山製造されているでしょう。そのようなディーゼルは自動車NOx・PM法に引っかからないのでそちらを求めることをオススメしますね。