自動車NOx・PM法が出来た時の状態というのが結構酷いことになっていたのです。その背景を説明していきますね。

 
まず、自動車NOx・PM法が出来る前は、かなり多くの外国車、特にディーゼルエンジンを使用したディーゼル車が結構多かったです。なにせガソリンよりも低コストで運転出来るのだからこちらを選ぶ人が多かったですね。しかし、このディーゼル車はあまりにも排気ガスや騒音が酷かったでしょう。特に排気ガスが厄介な状態になっており、黒い排気ガスが環境を汚染する方になっていました。

 

しかもガスだけでなく、ガスに触れたところが黒く汚れてしまうというかなり厄介な状態があったのです。だから、結構最初から問題視されているところがあったでしょう。そして、その後に排気ガスに含まれている粒子状物質が発がん性のおそれがあると研究によって判明、そしてその後に出来たのがこの自動車NOx・PM法でしょう。これによって、多くの自動車愛好家が泣くことになったでしょうが、環境問題と健康問題を出されるとどうしようもありませんね。

 
このように自動車NOx・PM法が出来たのです。もちろん、ディーゼル車以外の自動車も結構酷い場合がありました。だから、自動車NOx・PM法は出来た事自体は良いことでしょう。