対象となる自動車について

| 未分類 |

自動車NOx・PM法の対象となる自動車というのがあります。自動車NOx・PM法になる自動車は全ての自動車ではありませんので、しっかりと確認しておくことをしてください。特に年数などに注意しておきましょう。

 
自動車NOx・PM法の対象となる自動車は、基本的に排気量が多い自動車となります。一定以上の排気量を超えた場合に自動車NOx・PM法になるのでますので注意してください。そして、それに該当しやすいのがこのようになっていますね。普通貨物自動車、小型貨物自動車、大型バス、マイクロバス、ディーゼル乗用車が対象になります。これらに該当している自動車を持っている場合は、自動車NOx・PM法になっていることがありますので確認をしてください。と言っても、これら全ての自動車ではなく排気量で決まるので注意しましょう。

 
他にも、使用期間にも注意してくださいね。毎年で使用期間が異なりますので、しっかりと調べて自分の車が大丈夫かを確認しましょう。古すぎると自動車NOx・PM法の該当車として扱われます。ちなみに、自動車の種類によって異なるので注意してください。

 
このように自動車NOx・PM法の対象となる自動車があります。だから注意しておきましょう。そして、最後にエンジンによっても自動車NOx・PM法になることがありますので注意してください。と言っても、ほとんどエンジンで引っかかることはないでしょうがね。ただし、そのようなエンジンがあることを忘れないようにしてください。